遊劇舞台二月病

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


先日、劇団員が心斎橋からウイングフィールドへの道案内をblogであげてもらいました。


なので、反対側、地下鉄日本橋駅からウイングフィールドへの簡単な道案内です。
まず、2番出口から地上に出ます。

出口を出て左手を見ると、サイゼリアが見えます。


堺筋の左側歩道を北(出口正面横断歩道の逆方向)に向かいます。


しばらく直進すると、道頓堀がみえてきます。



そのまま堺筋を進みます。



赤い看板のfoodiumというスーパーがあります。




道路の反対側にはなか卯があります。


その筋を左折し、


周防町ウイングスという建物の5階にお上がりください






このエレベーターからお入りください。


簡単ではありますが、堺筋方面からの道案内でした。
スポンサーサイト
2015.08.28 17:50 | 稽古場日誌 | トラックバック(-) | コメント(0) |
1.jpg会場までの行き方をご紹介します。

本番はいよいよ今週末となりました。本番のご予約いただいている皆様ありがとうございます。
まだという方も、今一度会場までの道のりをご紹介しますので、是非当日いらしてくださいね。

一番、わかりやすい行き方でウイングフィールドまでご案内しましょう。


スタートは地下鉄御堂筋線心斎橋駅です。
2.jpg


























駅のホームから一番南側の階段を上っていきましょう。


3.jpg

























上りきったら、南南改札口から地上を目指しましょう。
4.jpg

5.jpg






























目指すは⑥出口です。

6.jpg

























地上に出たらこんな感じです。大丸のすぐ横に出てきます。
7.jpg
8.jpg







大丸を向かって右側に見ながら南へアーケードを進みましょう。

10.jpg




しばらく歩けば、アーケードが開けます。「心斎橋筋」のこの看板が目印です。
この開けた地点に通っているのがヨーロッパ通りです。
アーケードから出て向かって左へ、ヨーロッパ通りを西へ進みます。
11.jpg







こんな街灯がヨーロッパ通りの目印です。

12.jpg








ヨーロッパ通りにはいろいろなお店があります。
13.jpg




何かよくわかりません。
14.jpg





公演を観終わったらここで一杯。

15.jpg
上をみながら歩いてください。この看板があるビルが会場です。
16.jpg





会場の看板もちゃんとあります。
17.jpg






会場の向かい側はこんな感じのお店です。
18.jpg






会場はビルの6階です。
20.jpg






受付は5階です。エレベーターでお上がりください。

会場は土足禁止です。
お越しの際は、脱ぎやすいサンダルでお越しください。

ご来場、お待ちしております。
2015.08.27 00:51 | 稽古場日誌 | トラックバック(-) | コメント(0) |
はじめまして、近畿大学覇王樹座の洪一平です。Bir死出ィ初演を観てから遊劇舞台二月病さんを観るようになり、今回はご縁があってBir死出ィ再演に出演させて頂くことになりました。とても思い入れ深い芝居です。本日、最終稽古を終え、少し寂しい気持ちと、早く見せたい気持ちとが混ざり合ってもう、アホになりそうです。

……アホはもとからでした。


タイトルについて。
昔、飼っていた亀が死んだことがありました。小学生の僕には餌やりすら面倒臭く、ましてや水槽の掃除なんて汚いしやりたくなかった。なんとなしに、飼ってしまったのを後悔しつつもそのとき住んでいたマンション内の公園に埋めに行きました。もう一匹飼っていたのですが、育てる自信がなかったので淀川へ捨てました。
ただ、なにかペットが欲しかった。
ただ、育てるのが面倒臭かった。
あの亀は僕のことをどう思っているのでしょう。恨んでいるでしょうか。すっかり忘れているでしょうか。許してくれてるのでしょうか、僕のことを。





僕にペットは向いてないですね。





ふと、自転車に乗りながらの帰り道、そんなことを思い出しました。

「Bir死出ィ」

第7回むりやり堺筋線演劇祭参加作品
遊劇舞台二月病再会公演
「Bir死出ィ」
作・演出 中川真一

日時
8月29日(土)15:00/19:00
8月30日(日)11:00/14:30/18:00
※受付開始は開演45分前、開場は30分前です。
※上映時間は1時間30分を予定しています。

チケット
前売1,500円/当日1,800円
ご予約はこちらから
http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=2e7447ad2d

会場
ウイングフィールド
542-0083 大阪府大阪市中央区東心斎橋2-1-27周防町ウイングス6F
TEL:06-6211-8427/FAX:06-6211-6312
http://www.wing-f.co.jp/
地下鉄堺筋線長堀橋駅7番出口より徒歩約3分
地下鉄御堂筋線心斎橋駅6番出口より徒歩約10分

お問い合わせ
080-3117-1361(ナカガワ)
nigatsubyou@gmail.com

少し歩いて
両手を伸ばせば
「健康で文化的な最低限度の生活」ができる。
「個人として尊重され、生命、自由及び幸福を追求する」事ができる。
人権のカタログに書いてある商品は、
注文しなくても手に入るそうです。
ぼんやりとテレビを見ていたら、毎日流れる殺人、自殺に児童虐待。
この人、なんでこんな事したんやろう。
インターネットで検索すると、僕みたいな只の傍観者がワラワラ集まって、
加害者、被害者、その家族と目につくものを誹謗中傷。
足を腫らして駆けずり回って、ちぎれる程に腕を伸ばしても、
たのしみにしていた今日に届かなかった彼らにあまりに酷い仕打ちじゃないか。

一つの出来事を、もっと深く知りたい。僕らと彼らがどれだけ同じで、何がよくなかったのか。
1年ぶりに会う「Bir死出ィ」に、もっとたくさんの後悔を教えて貰いたい。

出演
寺井幸菜/橋本達矢/松原佑次/三村優里花/ルーデルマン大地(以上劇団員)
五十嵐真太郎/石田麻菜美/洪一平(覇王樹座)/チェシャ/ミチル

スタッフ
舞台監督:木村太郎/舞台美術:森祐亮/照明:淺妻将吾/音響:森永キョロ
宣伝美術:松原佑次 河合沙容子/制作:遊劇舞台二月病制作陣 大休真紀子(森林浴)
2015.08.26 08:58 | 稽古場日誌 | トラックバック(-) | コメント(0) |
稽古も終盤です。

劇団員の寺井です。

本番がいよいよ2週間後と迫って参りました。
今回は5回公演!

8/29(土)15時、19時
8/30(日)11時、14時30分、18時

ということで、日曜日など観劇ハシゴなどしやすいのではないでしょうか?



私たちの身近な問題
もしかしたら自分もそうなっていたかもしれない。いや、気づかぬうちに実際してるのかもしれない。
自分のすぐ側の出来事。


外から見て流してしまうようなニュースに少し目に止めてみて向き合いませんか。
なにが正しいのかなんてわかりません。
なにが完璧なのかわかりません。
なにが幸せなのかわかりませんね。

考えを止めないで仕方ないで止めないで
私自身も渦の中です。



前回『Bir死出ィ』を観ていただいた方ももちろんのこと、更に視点を変えて向き合ってお楽しみいただけるかと思います。

新しい味が出てるこの作品、観に来ていただけたら嬉しいです。




昨日も昨日でコツコツ取り組みました!

コウ君

張り付けてある写真はムードメーカー的なコウ君。
欲しがり屋さんで可愛らしい男の子です。
blogめちゃくちゃ書きたいと言うているので
コウ君のblog楽しみですね!


いや、コウ君だけでなく他のメンバーも気になりますよね!
後2週間のうちどれだけ更新できるかも見物です。
2015.08.19 12:19 | 稽古場日誌 | トラックバック(-) | コメント(0) |
表題の事柄は悩ましい。

「そりゃ、そうなんだろうけど……」とあまりにも前者と後者のイメージがかけ離れているため悶々とする。

阿藤快の「なんだかなぁ~」の都合のよさに感服せざるを得ない。


この阿藤快現象は世の中で大小様々であれ数えれば腐るほどある。

それがまさに今回の公演でも起こりつつある。



パンフレットの作成に着手してすでに二週間ほど経過したが、未だに自身の中で阿藤快が消えない。

サイズA4二つ折り。ここからすでに阿藤快はその頭頂部をのぞかせる。

普通にコンビニなんかでコピーするので、諸事情含め都合のいいサイズであることは明白だが、今回はそれが仇になっている。

ちょっとスペースが詰まっているのだ。決して読めないことはない。むしろ十分読めるレベルだ。

しかしちょっと、ほんのちょっと狭いのだ。
阿藤快の鼻筋がもうそこまで見えている。

じゃあA3にすればいいじゃないかと思うだろう。しかしA3にしたら今度は広すぎるのだ。スペース空きまくりなのだ。
阿藤快は面長なので顔全体が見えるまで少し時間がかかる。

A4サイズの理由はもう一つある。

前回の初演で各登場人物の関係性がわかりにくかったという指摘を受け、今回の再演では各登場人物の相関図をパンフレットに掲載している。

登場人物それぞれの関りをお越しいただく皆様にわかりやすく、作品を楽しんでいただこうという試みだ。

是非、その相関図を見ながら登場人物の掛け合いを楽しんでいただきたいところであるのだが、そうなるとA3サイズだと大きすぎると思うのだ。

A3サイズの紙を両手で広げるとなると隣の方のご迷惑にならないか。そればっかりみて舞台みてくれないんじゃないのか。

そんな懸念が阿藤快を呼んでならないのだ。

良い意味で片手間で読んでもらえるサイズがA4である気がするが、少しスペースに不安があるのだ。

すでに笑顔をみせた阿藤快の「なんだかなぁ~」が胸のうちで反響する。


阿藤快の傍らでそれでもなんとか案は完成させた。

演出にみせたら、修正がいくつかあるとのことなので再度考える。

阿藤快はついに飯を食い始めた。
何を食べても「なんだかなぁ~」の阿藤快を尻目にパソコンの画面をみながら同じ言葉をつぶやく自分は
集中力をなくしてネットサーフィンしている。

外部公演情報があと一人届かない。あと情報がないので埋められないスペースがちらほら……

実を言うと外部公演情報が一番スペースがきつい。
早く算段を立てたいが、立てる材料がない。
阿藤快は昼寝をし出した。

そんな中ネットサーフィンで見つけた記述が「ガゼルはウシ科」であった。なんかなぁ~悶々とする。

制作さんから8/18には完成をと言われている。もうあんまり時間がない。

悶々かつ恐々としている。

とりあえず着手しないと前に進めないのだ。
阿藤快は知らない間に帰っていた。

阿藤快が帰ってしまっても表題の事柄は悩ましい。


どうぞ、当日ご来場お待ちしております。是非、パンフレットの相関図をみながら作品をご鑑賞ください。
2015.08.15 01:47 | 稽古場日誌 | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。